チャット
Essays in Idleness 2 ~ North Bethesda NIH留学紀行 ~ 生活セットアップ
Essays in Idleness 2 ~ North Bethesda NIH留学紀行 ~
日本で内科医として臨床と研究に携わった後、2006年4月より米国メリーランド州NIHに留学し、2009年4月に帰国しました。ワシントンDC近郊の日常の備忘録です。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新ビザの到着
3月8日、アメリカ大使館よりパスポートとビザが郵送で無事に届いたとの連絡が妻の実家からありました。5日に面接が終了し、何と中2日でビザが届いたことになります。
アメリカらしくない?スピーディーな仕事ぶりにびっくりでした。
やはりNIHは連邦政府機関なので、大使館の面接を含めほとんど問題なくビザが直ちに発行されるようです。また、期日前更新も可能であることがわかりました(この件に関しては諸説あるのでトライされる方は自己責任でお願いします)。
これで今回の日本への一時帰国の目的が達成され、また、アメリカに戻れることが決定したため本当にほっとしました。


スポンサーサイト
車や家具のムービング情報です。
1.4.2008

1月末に帰国される友人御夫妻からの情報です。
これから留学される方、留学されたばかりの方など興味がある方はご連絡さしあげてください。

下記のアドレスに写真と価格を掲載しています。
http://photos.yahoo.co.jp/ph/corolla2002md/lst?.dir=/c33e&.src=ph&.order=&.view=t&.done=http%3a//photos.yahoo.co.jp/

問い合わせ先:corolla2002md@@yahoo.co.jp(@をひとつにして下さい)

引き渡し時期は、今すぐ可能なものから、1月の中旬以降希望のものもあります。
ロックビル在住です。車に関しては、以下も合わせてご参照下さい。
<2002年 Toyota Corolla CE sedan 4door黒>  
現在51000マイル(売却時予想52000マイル(約83000km))$7400(応相談)
引き渡し希望時期は1月21~24日の間。
Kelly blue book の個人売買の相場では、excellent $8165、good $7595。
1年ほど前に信号待ちで追突されトランクのフタを取り替えた経緯のある車です。ただし修理工場の人の話ではエンジン、ボディ本体が事故で傷付いていないので売却価格は減少しないとのことです。多少のかすり傷等はありますが、車そのものの状態はいたって良好です。私たち以前の所有者は2人おり、いずれも日本人でした。
州税のこと
昨日、州税の納付用紙が郵送されてきました。
昨年度分に関しては特に問題無かったようで追徴などはありませんでした。
州税は4期に分けて支払うこととなっていて、先月、納税の際に今年度分の州税も計算し、1期分も小切手で郵送していました。
そのため残りは6月15日、9月15日、来年の1月15日が期限となっています。
送られて来た封筒の中には、払い込み用紙と返信用の封筒が入っていて、小切手で残りの分も送るようになっています。
連邦税の方もすんなりいっていることを祈るのみです。


Taxに関して訂正です。今日はセントパトリックデイです。
昨日はものすごく冷え込み、またしても雪が降り少し積もりましたが、今朝は穏やかな日となりました。3月17日、セントパトリックデイです。アイルランドにキリスト教を広めた聖人聖パトリックの命日だそうで、カトリックにおける祭日とのことです。緑色の物を身につけて祝う日で、「緑の日」とも呼ばれるていて、ニューヨークやボストンなどアイルランド系移民の多い地域・都市で盛大に祝われてパレード等が行われるそうですが、この辺りでは残念ながらほとんど盛り上がっていません。きのう、NIHの食堂で緑色の帽子をかぶった店員がいたのですが、このためだったようです。

それから、前回のTaxに関する記事に関してご指摘をいただいたため訂正してアップさせて頂きます。

1.J-1(J-2)ビザホルダーの最初の2年間は連邦税はNon-resident扱いとなります。
2.渡米前日本のResidentだった場合、Non-residentに対する連邦税の配偶者控除、扶養者控除はありません(昨年以降にアメリカに日本から入国した場合)。
3.渡米後半年以上たつ人はメリーランド州の州税はResident扱いになります。
4.提出に必要な書類は、1040NR-EZ, ScheduleA, Form2106, Form 8843, Form502です。Form3903はVisiting FellowでGrantとしてお給料をもらっている方は適応になりません。
5.扶養者のITINの申請がまだの方はW7も記入して同時に提出します。

MAMAさんありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。


Taxに関しての続き
とても暖かくなり何と本日の最高気温は26℃だそうです。 昨日やっと1042-S(源泉徴収票)が茶色い封筒に入って郵送されてきました。 先日のTaxセミナーで聴いてわかったことをまとめて書いておきます。 1.J-1(J-2)ビザホルダーの最初の2年間は連邦税はNon-resident扱いとなります。 2.渡米前日本のResidentだった場合、Non-residentに対する連邦税の配偶者控除、扶養者控除はありません(昨年以降にアメリカに日本から入国した場合)。 3.渡米後半年以上たつ人はメリーランド州の州税はResident扱いになります。 4.提出に必要な書類は、1040NR-EZ, ScheduleA, Form2106, Form3903, Form502です。 5.扶養者のITINの申請がまだの方はW7も記入して同時に提出します。 以上です。今後、書き始めて気づいたことを徐々に記して行きますので、もし、控除のことなどもう少し有益な情報をご存知のかたはお教えいただければと思います。 さらにTaxに関する詳細は、MAMAさんのページけんたさんのサイトが大変参考になります。


FC2カウンター



プロフィール

hirot424

Author:hirot424
日本で内科医、研究者として勤務した後、2006年4月から米国メリーランド州NIHに留学しました。
2009年4月に日本へ帰国し新たな生活を始めています。



ブログ内検索



A

シマンテックストア 楽天トラベル株式会社 楽天トラベル株式会社





FUJICOLORプリントおとどけ便



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



お気に入り



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。