チャット
Essays in Idleness 2 ~ North Bethesda NIH留学紀行 ~ 帰国準備、帰国
Essays in Idleness 2 ~ North Bethesda NIH留学紀行 ~
日本で内科医として臨床と研究に携わった後、2006年4月より米国メリーランド州NIHに留学し、2009年4月に帰国しました。ワシントンDC近郊の日常の備忘録です。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SAYONARA USA
2009年4月29日、とうとうアメリカを出国しました。3年間にわたる夢のようなアメリカ生活もこれでフィナーレです。
当日の朝は医局の後輩であるU先生にIADまで送って頂きました。
天候はあいにくの雨。何回もお客さんのお見送りに来たIADですが、今までは抜けるような晴天ばかりで、本当に希な天候でした。
ちょうど3年前にアメリカに向けて成田を出発した際も同様な悪天候だったのを思い出しました。

IADでの写真(帰国前)
お約束のANAカウンター前で。

現在、ダレス空港はD2: Dulles Developmentとして改装工事中。
これまではANA便の出発ターミナルがあるコンコースBへ行くためにこのような長い地下を歩いていきました。
コンコースBまでの地下

しかし、今年後半以降にAeroTrainというモノレールのような交通システムが完成し、飛行機とコンコースやターミナル間を結んでいた独特なシャトルバス、モバイルラウンジは取って代わられるようです。
モバイルラウンジ
モバイルラウンジ。

早めにチェックインしたので、ANAのラウンジで久しぶりにおにぎりを食べてのんびりしながら、写真を撮ったりMacでこれまでのアメリカ生活の写真を眺めながらいろいろ思い返しました。
これで出発

1時間程待ち11時過ぎにいよいよ定時で搭乗しました。。シートに座って窓から外の景色に眼をやると、もうここに住むことは2度とないんだという寂しい気持ちでいっぱいになり、少し辛かったです。
無事に飛行機は離陸、Cクラスの席は大変快適で、映画を2本(スラムドッグミリオネアとオーストラリア)見たり、うとうとしたり、食事をしていたらあっという間に10数時間のフライトは終了しました。
機内の和食
久々の和食を堪能しました。

いよいよGPSが日本上空を示すようになり、まだかまだかという気持ちになってきました。
そして何事もなく成田空港に着陸。
着陸後は皆さんご存知のとおりブタインフルエンザの警戒態勢のまっただ中ということもあり、ターミナルに到着後、機内にゴーグル、ガウンで厳重装備の検疫官が乗り込んできました。
機内検疫
1人ずつビデオカメラのようなサーモグラフィーでじっくり顔面の体温を測定し、問診票の提出もあり、結局30分以上かかりました。幸いなことに乗客中に発熱の方はいなかったとのことでそのまま解放されました。

到着

成田空港

段ボールであずけた荷物も無事に到着していてトラブルなく到着ゲートを通過しました。
そのまま妻と息子が待つ千葉市の新居に向かい、夕食は久々に自宅近くの回転寿司に行きました。
夜は24時間ぶりぐらいの自宅のベッドでぐっすり眠ることができました。

というわけで、まる3年間のアメリカ生活を綴ったこのブログもいよいよ最後となりました。
アメリカでは楽しいことも辛いこともいろいろありましたが、今ではすべてが良い思い出。
日本であまり澄んでいない空を見上げると、あれは夢だったのかなと思うことも時々あります。

今回の留学の成功にあたり、日本、アメリカにおいてお世話になった方々には心より御礼申し上げます。
また、このブログをご愛読くださった皆様、本当にありがとうございました。
備忘録として始めたものですが、ネタ探しにいろいろ好奇心が旺盛になり、深くアメリカの文化を知るきっかけになりました。
また何かの形で日本でも再開できればと思います。

では、So long!
スポンサーサイト
帰国まであと1日(アパート退去、最後のDC観光、FRさん宅でBBQ)
いよいよ帰国が明日にせまってきました。
昨日までに、アパートの部屋はすべて片付いて荷物も出してしまったのですが、昨日は時間がなかったので、午前中にアパートのオフィスで退去手続きをしました。
オフィスのスタッフと一緒に部屋に行ってインスペクションを受けましたが、部屋で靴をはかない日本人は外人とは部屋の汚し方が違うようで、さっと見ただけで終わり、全く異常や不備を指摘されませんでした。
Grosvenor Tower

Grosvenor Tower
さよなら我が家。立地が最高で本当に便利なアパートでした。

午後は最後のDC観光へ。
行こう行こうと思っていて、3年間、1度も行っていなかった施設を回りました。平日でしたが快晴だったせいか、結構観光客が歩いていました。国立公文書館、オールドポストオフィス、ウィラードホテルなどを見学しました。何回も訪れて大好きだったNational Mall地区を歩き、ワシントンモニュメントとキャピトルを目に焼き付けて帰りました。

まず、ナショナルジオグラフィック協会へ。
ナショナルジオグラフィック協会ビル
雑誌やテレビで有名なナショナルグラフィックの本部です。
僕が住んでいたGrosvenorという地名は、ナショナルグラフィックの編集長であったギルバートグロブナー博士の名前にちなんでいるそうです。

ナショナルジオグラフィックギフトショップ
内部は1階の展示スペースのみ見学することができます。ギフトショップがあって、様々なレアなお土産が売っていました。探検グッズっぽい、水で濡れても大丈夫な破れないDCの地図を買いました。

ナショナルジオグラフィック表紙
ナショナルジオグラフィックの表紙に自分の顔を写し込んだ写真を撮ることもできます(たった$5でこれだけ?という感じでしたが。。。

次は、有名な国立公文書館(National Archives)へ行きました。
国立公文書館

こちらにある最も貴重で有名な文書としては、独立宣言、合衆国憲法、権利章典であり、中央広間にすべて展示されていました。
中央広間
大好きな映画National Treasureでは、このNational Archivesの中央広間でパーティーが行われていて、ベンゲイツが忍び込んで独立宣言書を盗み出すシーンがありました。
中央広間

書類

観光客

書類
貴重な書類の数々はヘリウムが中央されたケースの中に展示されていて、自由に写真を撮ることができました。皆、一生懸命見学していました。

さらに歩いてOld Post Officeに行きました。
Old Post Office
ここは1899年に郵政省のビルとして完成。当時DCで初めての鉄筋ビルだったそうです。
1956年、一旦ビルは閉鎖されましたが、1983年オフィススペースとして生まれ変わりました。そして、現在は、展望台、ショッピングモール、ギフトショップ、レストランが入った観光施設となっています。
Old post office内部

Old post office内部
内部はこのように吹き抜け構造になっています。エレベーターに乗ると、高さ95mの展望台に到着します。ここの高さはDCの中で、ワシントンモニュメントに次ぐものだそうです。

展望台からキャピトル
キャピトル方面。

ワシントンモニュメント
ワシントンモニュメント方面。

ワシントン大聖堂
ワシントン大聖堂方面。
このような感じで見晴らしは結構良かったです。風が涼しくて気持ちよかった。

Old Post Officeから下りると、次は近くのウィラードインターコンチネンタルホテルに歩いて行きました。
ウィラードホテル
このホテルは約150年の歴史があり、1860年日米修好条約批准書交換のために派遣された日本からのちょんまげの使節団が宿泊したことで有名です。
ウィラードホテル

ウィラードホテル
内部はロビーを含め大変、優雅で歴史の重みを感じさせる雰囲気でした。今度DCを訪れるときは是非泊まってみたいものです。

夕方、DCからロックビルへ戻り、アメリカ最後の夜はFRさん宅へ泊めていただきました。
アメリカらしくFRさんがお庭でBBQを催してくれて、気心の知れたテニス会のTさん、FJさんのご家族とともに楽しい夜を過ごすことができました。
BBQ

BBQ

BBQ
この綺麗な夕空も見納めです。
皆様、今夜は良い思い出を本当にありがとうございました。


帰国前の最後の日曜日(荷物のパッキング、アパートの掃除、PEPCO解約)
最後の荷物のパッキングとアパートの部屋の掃除を1日かけてしました。
絨毯に掃除機を掛けて、壁の傷や落書きを水で拭いて丹念に消しました。また、洗面所や流しも磨いて綺麗にしました。
いよいよ3年間住んだアパートで夜を過ごすのも最後となり、感傷的な気分になってしまいました。

がらんどうの部屋
部屋はがらんどう。

Space Bag
今回、パッキングに役立ったSpace Bag。日本であるか定かではないですが、服用の圧縮袋です。

Space Bag
このようにセーターやズボンをビニール袋に入れて、ジップロックのような封を閉じます。

Space Bag
その後、ぐるぐる自分で巻くことで空気を出し圧縮することで、全体がぺちゃんこになります。このBagのお陰で随分スーツケースに服を詰めることができました。
Bagが8枚入って(大と小が半々)、Bed Bath & Beyondで$20程でした。

パッキングと掃除が済んだ後、大事なことを思い出しました。そう、電気の解約です。このアパートはオール電化なので、UtilityはPepcoとの契約のみを解約すれば終了です。
Pepcoのトップページの右側にあるCustomer Self ServiceからTurn Service On or Offに入れば、Webにて解約申請をすることができました。
その後、メールが届き、今週手続きを進行してくれるそうです。
Verizonの電話の解約よりかなり敷居が低くてほっとしました。



日本までの航空券購入
帰国のチケットをどこで買おうか、先月からいろいろ調べていたのですが、結局、ANA便はANA USAのサイトから購入するのが一番安価なようなので、結局一番楽な方法を選びました。
2月になりANAより、原油価格の低下に伴い、航空券購入時の燃油特別付加運賃(サーチャージ)が4月1日購入分より減額になるというアナウンスがされていたので、結局、今月になり漸くチケットを購入しました。

これまでサーチャージのためにかなりチケットが高く感じていましたが、こちらのように、何と日本とアメリカ間が$204から$34まで減額され、かなり安くなりました。upgradeできるチケットも安くなり(片道計$865.3)、マイルも溜まっていたので、upgradeを選びました。
3年前の渡米時には倍以上の値段のチケットを購入しないとupgradeできなかったので、随分、安くなった感じがします。

本帰国時にupgradeすることの一番のメリットとしては、手荷物の制限が緩和されるところだと思います。スーツケースなどを2個までという数はエコノミーと一緒なのですが、こちらのように23kg/個のところが32kg/個までよくなります。これは帰国時に持ち帰る物が多いことが考えると、かなり大きいサービスですよね。
長時間の帰国フライトのストレスもかなり軽減されるような気がします。
Verizon (固定電話、DSLインターネット)の解約
日曜日で全て引っ越しが終わり、電話機も無くなってしまったので、翌日Verizonの固定電話とDSLインターネットの解約をしました。
契約する時はVerizonのホームページからすぐできるようになっているのに、何故か(意図的なのか?)、解約は電話でしか受け付けてくれずハードルが高く設定されています。

301-954-6234に電話をするとすぐオペレーターがでてきて、日本に帰国するから解約したいから契約をやめたい(電話をやめるという場合、cancelでもdisconnectでもどちらでも良いようです)と言うと、すぐ契約担当の人に回されました。案の定、また同じ説明をさせられましたが、英語も大変わかりやすい人で、すんなりこちらの言うことは伝わり、即日で解約となりました(と思います)。
解約後10日以内に契約解除の確認通知と余分に支払ったbillが小切手で郵送されてくることを言っていました。

その後もまだ自宅のインターネットが使えているので、解約手続きが済んでからも即座に回線のシャットダウンはできないようです。
また、DSLモデムは返却しなくて良いというのですが、こんな物くれても困ってしまいます。



FC2カウンター



プロフィール

hirot424

Author:hirot424
日本で内科医、研究者として勤務した後、2006年4月から米国メリーランド州NIHに留学しました。
2009年4月に日本へ帰国し新たな生活を始めています。



ブログ内検索



A

シマンテックストア 楽天トラベル株式会社 楽天トラベル株式会社





FUJICOLORプリントおとどけ便



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



お気に入り



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。