チャット
Essays in Idleness 2 ~ North Bethesda NIH留学紀行 ~ NIH、 研究
FC2ブログ
Essays in Idleness 2 ~ North Bethesda NIH留学紀行 ~
日本で内科医として臨床と研究に携わった後、2006年4月より米国メリーランド州NIHに留学し、2009年4月に帰国しました。ワシントンDC近郊の日常の備忘録です。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボスの家で送別会(+誕生日会)
4月24日。自分の誕生日のであるとともに翌日25日は渡米して丸3年という記念すべき日です。
偶然にも、ちょうどボスの都合が良いとのことで、僕の誕生祝いと送別会、さらに同僚の結婚祝いを含めたパーティーのためにボスの家に招かれました。
ボスの家にお邪魔するのは、ちょうど同僚の送別会から1年ぶり(同僚のNatureのpublish祝いでもありました)でした。Old George Town Rdから少し入った森に囲まれた閑静な1軒家で、大変素敵な場所でした。
ボスの家

早く着きすぎたので、皆が来る前にボスとひさびさゆっくり個人的に話しました。これまでの日本人のポスドクについてどう思いますかと聞いたところ、日本人はよく働くことを十分にわかっているので、親しい日本人研究者からの紹介であればインタビューなしで(私もそうだったのですが)、空きがあれば無条件で採用してあげるということを言っていました。言葉の問題は関係なく、本当に日本人のことを信頼してくれているんだということを感じました。そして、このような素晴らしいボスの元で働くことができたのは、日本でご紹介頂いた先生方のお陰なんだということを改めて思いました。
興味深くて印象的だったのは、アメリカ人であるボスのアメリカ人ポスドクに対する見方でした。採用時に一番注意しないといけないのはアメリカ人だ。なぜなら、口がうまくて、怠惰だから、ということでした。確かにアメリカ人は幼少時からプレゼンする能力が鍛えられていて、仕事ができなくても本当に言い訳が上手いと感じるところもありました。

そんな感じでボスと話していたところラボの同僚が集まりました。皆が来た後は、ボスがピッチャーでまず庭で野球大会。

野球

野球
イタリア人や中国人の人はまったく野球をやったことが無かったそうで、ルールも知らず、
奇妙な動きの野球がとてもおもしろかったです。

前回のパーティーの時にボスが焼いたパティを挟んだハンバーガーを私がとても気に入ったことに覚えておいてくれて、今回も同様にボスがグリルで肉を焼いてくれました。
またポットラックだったので皆がいろいろ持ち寄ってくれて、各国の味を楽しむことができました。
パーティの食事

嬉しいことに、同僚がサプライズで、年齢が大きく書かれたアメリカの四角くて青いクリームが載ったバースデイケーキを用意してくれて、皆でバースデイソングを歌ってくれました。久しぶりにローソクの日を自分で吹き消し、本当に皆の温かさと優しさをしみじみ感じました。
バースデイケーキ

最後にボスが、皆の前で僕に関してのスピーチをしてくれました。
これまでプロジェクトに対して、犬が噛み付いて離さないようによく諦めずに忍耐強く頑張ったということ、全然知らなかったことを自分が知る機会を与えてくれて感謝しているということなどとても素晴らしい言葉を頂くことができました。自分のスピーチは酔っぱらってしまったこともあり、いつも以上に口が回りませんでしたが、何とか笑いを取りながら済ますことができました。

他にもプレゼントとしてNIH Tシャツと皆の寄せ書きが書かれたNIHポスターをくれて、3年間の思い出を締めくくるにふさわしい、素晴らしいパーティでした。

プレゼントのポスター
フェアウェルパーティーで恒例の寄せ書きNIHポスター。

プレゼントのポスター
ボスはGoogleで日本語を調べて、メッセージを書いてくれました。


スポンサーサイト
Google for Researchers in NIH
3月も中旬になり最高気温が10℃前後と随分陽気になってきました。

さて、私がNIHに勤務してから初めてだと思いますが、今週、NIH Library主催でGoogle for ResearchersというGoogleの公開セミナーが開かれました。
皆、相当興味ある内容だったらしく、会場となったビルディング10のLipsett Amphitheaterの大ホールはあっという間に満員となってしまい入れませんでした。幸いなことにもう1つの大ホールMasur Auditriumでビデオ講演が同時に行われたのでそちらで見ることができました。

Googleの方が実際にPCの画面を操作しながら、効率的な検索の仕方をスクリーン上でプレゼンしてくれましたが、特に研究者向けのサービスの説明というよりは、宣伝を兼ねたかなり一般的な内容でした。普段何気なく接しているGoogleですが、あらためてという感じでおもしろかったです。

また、詳細な説明、使用法は割愛しますが、GmailGoogle TranslateGoogle ScholarGoogle Map/EarthGoogle NewsGoogle AlertsGoogle ReaderGoogle Trends等といった現在提供中の無料サービスが如何に便利で役立つかという簡単なプレゼンもあり、全然自分は使いこなせていませんが、本当に過剰なまでのサービスを提供(しかも他言語で)しています。アメリカならではの凄い会社だとつくづく実感しました。
セミナーでトーク
金曜日の夕方に、テニス会の友人の方々が主催されている日本人研究者のセミナーの会があり、NIHで初めて自分の研究テーマを皆さんにお話させていただきました。

自分の論文の内容だけだとあまりおもしろい話にし難いし、出席される方々に自分が興味ある研究(免疫学)のおもしろさをなるべく理解していただきたいと思い、あれもこれもと詰め込んでスライドを作っていたら、60枚近くの大作になってしまいました。

結局、トークでは延々と1時間近く喋ってしまい、結構最後の方は自分自身もぐったりしてしまって、何となく尻すぼみな内容になってしまった感じが残念でした。
ただ長いだけでお聴き頂いた皆さんの興味を魅くような内容になったのかは疑問なのですが、発表の準備のためにスライドを作りながら、専門外の方々にとってどうすれば分かりやすくなるかということを考えるプロセスは頭の中の知識の整理にもなり、大変良い経験になりました。

セミナーの後は恒例のHootersで懇親会があり、酔っぱらいながら研究談義で盛り上がりました。

幹事の皆様には良い機会を与えていただき本当に感謝します。
また、セミナーにお越し下さった皆様、長い時間お付き合いいただき誠にありがとうございました。


Tax Preparation Workshops for the Tax Year 2008
雪は降ってませんが、昨日からまた日中も氷点下10℃近くが続き、外を歩いていると顔が痛いし滅茶苦茶寒いです。
朝、息子を幼稚園に送るため車に乗ったら、飲みかけで置き忘れたコーヒーが車内でこちこちに凍っていてびっくりしました。

ところで、2月になり、いよいよTax Retunの時期が近づいて来ました。
来月からDISのページにあるように、書類の提出の仕方を詳しく教えてくれるTax Preparation Workshops for the Tax Year 2008がNIHにおいて始まります。

スケジュールは以下のとおりです。

tax workshop

tax workshop2

私も昨年はJ1の3年目で、やっとStatusがResidentとなったため控除が多くなります。帰国時期がTax returnの提出時期と重なり、また、ITINの申請のこともあり少し複雑そうなので、是非参加しようかと思います。
とりあえず1042S(源泉徴収票)のNIHでの発行が3月15日以降と決まっているらしいので、それをゲットするまでは具体的な作業は進められません。
ずっと気になっていたのですが、帰国後、日本から書類の提出は可能なのでしょうか?
巨人の肩の上に立つ(Google Scholar)
研究者の方ならご存知だと思いますが、Google ScholarはGoogleが無料で提供する論文検索ページです。このページのおもしろいところは、自分の論文が今まで過去何個の論文に引用されたことがあるかがすぐにわかり、また、それらをリストとして見ることができることです。

トップページに行くと検索ウインドウの下にいつも”Stand on the shoulders of giants~巨人の肩の上に立つ~”という1文が表示されるのですが、ずっとどういう意味なのか不思議に思っていました。

そこで調べてみたところ、元々は12世紀のフランスの学者ベルナールの言葉とされるものですが、アイザックニュートンが万有引力発見という偉業について意見を求められた時に、「もし私が他の人よりも遠くを見ているとしたら、それは巨人の肩の上に立っているからです。」と答えたそうです。

つまり現代の学問や研究は、多くの偉大な先人の才能や努力の蓄積の上に成り立つという意味です。自分の現在の研究状況を顧みて、なるほど素晴らしい言葉だ思います。



FC2カウンター



プロフィール

hirot424

Author:hirot424
日本で内科医、研究者として勤務した後、2006年4月から米国メリーランド州NIHに留学しました。
2009年4月に日本へ帰国し新たな生活を始めています。



ブログ内検索



A

シマンテックストア 楽天トラベル株式会社 楽天トラベル株式会社





FUJICOLORプリントおとどけ便



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



お気に入り



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。