チャット
Essays in Idleness 2 ~ North Bethesda NIH留学紀行 ~ 2006年05月
Essays in Idleness 2 ~ North Bethesda NIH留学紀行 ~
日本で内科医として臨床と研究に携わった後、2006年4月より米国メリーランド州NIHに留学し、2009年4月に帰国しました。ワシントンDC近郊の日常の備忘録です。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュポンサークル(Dupont Circle)
今日は実験キットが届かず何もできないため、午後から初めてビルディング10のライブラリーに行ってきました。いろいろな雑誌がありますが閲覧できる所の規模は日本の大学の図書館とあまり変わりませんでした。1890年版Jounal of Biochemistryを自由に手に取ってみることができたのにはびっくりしました。恥ずかしながら最近になって知ったのですが、有名なPub-MedもNIHが管理しているそうです。日本からのアクセス数がすごいとの話を友人から聞きました。
夕方は早く抜け出し、MetroでDCのDupont Circleまで行ってきました。こじんまりとしたなかなかおしゃれな感じの街でした。DCは高いビルを建ててはいけないそうでヨーロッパのように街の調和がよくとれています。カフェでサンドイッチを食べましたが、あまりリーズナブルではありませんでした。

デュポンサークル

デュポンサークル

デュポンサークルのスタバ。古い建物を改造してカフェにしたようです。

デュポンサークルのスタバ。古い建物を改造してカフェにしたようです。

ダビンチコードの広告。世界同時公開みたいです。

ダビンチコードの広告。世界同時公開みたいです。

スポンサーサイト
英語のプレゼン2回目
今日は、先週に火曜日ミーティングがなく、木曜日も発表しなかったためトップバッターでやらされました。昨日の夜から一生懸命英語を作文し頭に入れて行ったので何とかできました。ただ、質問されて50-60%と答えなければならないところをあせって5-6%と言ってしまいすごく突っ込まれました。何でこんなに聞いてくるのかと不思議に思っていたところ同じラボの日本人の先生が正してくれました。意思の疎通がとれないのは本当に辛いです。
Memorial Day、ファッションセンターアットペンタゴンシティ
今日はメモリアルデイで全米の休日でした。朝からとても快晴だったので午後から妻が勧めてくれたファッションセンターアットペンタゴンシティ(The Fashion Centre at Pentagon City)に行ってきました。いつも行っているモールやスーパーと違って、日本のデパートに近い高級感あふれる所でした。こちらに来て、ずっと同じシャツやTシャツを洗っては着て洗っては着てという感じだったので、初めてまともなシャツを買いました。

ペンタゴンモール


休日も実験
明け方に就寝したので、朝起きられず目が覚めたのは昼過ぎでした。夕方からラボに行き、昨日の続きの実験をまたやってきました。今日は0時前には終わりましたが、またしても期待どおりの結果ではありませんでした。これまでFACSだけでしたが、FACSとともにELISAも並行してやろうと決意しました。
アパートのプール開き、子供のカーシート、実験
急に暑くなってきました。今日はアパートのプール開きでした。周りの人たちも入れるみたいでたくさんの人がロビーに集結していました。日本人の自分が暑いのですからこちらの方はさらに暑いんだろうなあって思いました。
昨日の掲示板でちょうどカーシート(チャイルドシート)を譲ってくださる方が見つかり、今日は友人に付き添ってもらいながら夕方からVirginiaまで車で行ってきました。といっても隣の州でフリーウェイに近くのインターから乗ってしまえば20分ぐらいのところでした。またしてもこのワシントン掲示板を利用しましたが、なかなかいい買い物ができていると思っています。
夜は、今週の実験の続きをやりにラボに行きました。8時に行ってから予想外に時間がかかってしまい終わったのが明け方の4時でした。実験はあまりうまくいってなく、がっかりして帰宅しました。この近辺は夜中でもかなり安全そうで、殺人事件も数年前に一回あっただけみたいです。アメリカでは安全にコストをかけるという考えが本当に当てはまると思います。
ツベルクリン反応の結果
午後から一昨日注射をされたクリニックにツ反の結果を見せに行きました。以前やった時よりもどうも発赤、腫脹が大きく硬結も少し伴うため、多く打たれたんじゃないか、また職業柄ついに感作されてしまったかとも心配になりました。しかし、正確に測ったら12mmぐらいで、念のために今日すぐX線検査を受けなさいと言われためビルディング10の1階の放射線部に行き撮ってもらいました。技師さんが行うレントゲンの撮り方などは日本と同じようでしたが、撮影前に両側のnippleに金属の付いたシールを貼りました。これならばnippleの陰影を異常所見としてとらえることが少なくなると思い、感心しました。日本でもあるのでしょうか?あるいは日本では否定されていて見たことがなかったのでしょうか?
OMSクリニックの受診
午後から動物実験者用の医療プログラムに登録するためOMS(Occupational medical service)クリニックを受診しました。これに登録すると動物を扱うことで自分が怪我、病気になった時に保障されるようです。クリニックといっても年配の看護婦さんしかおらず、結核のBCGをやったかとか破傷風のワクチンをやったかとかその程度の問診で終了しました。最後にツベルクリン検査のための注射をされました。海外での注射はこんな検査でも少し心配になります。明後日結果を診せにきなさいと言われ帰りました。
ムービングの家財搬入
今日はボスの都合でmeetingがなくなり、晴れ晴れとした気分の日でした。
夕方にムービングの相手の方からの家財が届きました。前回も書いたように本当に何でもそろっていて、やっと床の生活からテーブルの生活に進化しました。床でパソコンをやるのは本当に辛い経験でした。相手の方は、明日にはもう完全に日本に帰国してしまうとのことで観葉植物まで頂いてしまいました。これで、日本からの家財も届いて家族がくれば完璧です。
SSN (ソーシャルセキュリティナンバー)
スミソニアン博物館から帰って来たら、ポストにSSNが届いていました。1週間ぐらいかかると手続きの際は言っていたのに、あっという間でびっくりしました。普段は必要ないのですが、インターネットや電話のインターネットでの契約時、またNIHの中でも個人を識別する番号としてIDとともに記入させられることがときどきあります。

スミソニアン博物館
今日は土曜日で休日でした。前もって渡米する前にワシントン掲示板で一括ムービングをしていただける方が見つかっていたため、その方の御宅に来週譲ってもらう物を、Metroを乗り継いでアーリントンまで見に行きました。今まで何もない部屋で段ボールを机にして生活していましたが、すべてが届けば大満足という内容でした。輸送費もかからないということで本当にラッキーだと思います。昼食は、そこが特に有名らしい(Rockvilleにもありますが)Pho75というヴェトナム料理の食堂でフォーを食べました。出汁の味を久しぶりに堪能しましたがやっぱりアジアの料理は日本人に合うなあとつくづく感じました。アメリカの料理は甘い、辛い、酸っぱいなどの味が際立っていますが、旨味、出汁、香辛料などの存在をあまり感じることがありません。
非常に天気がよくすがすがしい日だったので午後はMetroを乗り継ぎスミソニアン博物館に行ってきました。博物館と言っても正式名称はSmithonian Institution&Museumsといい、18の博物館と研究部門のComplexだそうです。一般開放していますがNIHのような研究機関の集合体と捉えても良さそうです。1部を除いてほとんどを無料で入館、見学することができるとのことで、アメリカの凄さを体感しました。前もって航空宇宙博物館に行こうと考えていたのですが、観光バスが並んでいて子供連れの家族が長蛇の列でなかなか入館できなさそうだったので自然史博物館に行きました。
結局、そこ1つしか廻れませんでしたが、様々な生物の骨格標本が並べてあるところや、実際に飼育している巨大昆虫を展示しているブースがとてもおもしろく(触らしてもくれるみたいです)満足しました。
帰りはモール周辺を散策しましたが、すぐ近くの官庁街の道を歩行者天国にしてロックイベントをやっており、またびっくりしました。

スミソニアン協会ビル(キャッスル)

スミソニアン協会ビル(キャッスル)

国会議事堂(キャピトル)

国会議事堂(キャピトル)

国立自然史博物館

国立自然史博物館

蛇の骨格

蛇の骨格

巨大なゴキブリ

巨大なゴキブリ
ラボメンバーと会食
今日は昼食にLabの人たちと韓国料理に行きました。ある一人の送別会だったのですが送別される人がどういう人なのか今いち理解できませんでした。パンケーキを頼もうと言っているので何かと思ったらチヂミのことでした。味はいまいちで少し残念でした。
最近のアメリカの人たちはお箸もなかなか上手に使えるのにはびっくりしました。
ラボのフィンランド人はお寿司が大好きだそうで、この近辺のどこで日本食が買えるかとても詳しいです。
アルコール教習
今日は、日中に電話で予約し夕方から免許取得のためアルコール教習をWhite Flint Recovery Inc.に受けに行きました。他の掲示板に書いてあるのとみんなが言うとおりとてもわかりにくいところにありGoogle earthでしっかり道を確認していきました。友人がいうようにテスト問題はまったく過去問と一緒なのですが、テスト前のプリントを読む時間が1時間30分もあり、その時間がとても辛く感じました。ちょうどI先生の奥様も一緒だったのですが、答えを確認させてもらったところ問題の順番は微妙に返られており、問題を読まないで解くことはできないようにはなっていました(笑)。
生活セットアップにおいて免許が一番の難関です。

ミーティングでのプレゼン、SSN(ソーシャルセキュリティナンバー)、初めてのアメリカでの映画鑑賞(MI-3)
今日は火曜日のLab meetingの日で、初めて英語でプレゼンしました。前日より原稿を用意していきましたが、前に立ったら頭がだいぶ白くなり言いたいことをかなり忘れてしまいました。日本語でも緊張するのに英語ならなおさらです。
終わってほっとしたため午後はSocial Security Numberの申請に行きました。米国入国後2週間程度たつと自分の名前が登録されるため申請が可能になるそうです。事務所はRockville駅の近くなのですが、非常にわかりにくいと聞いていたので、友人に車で先導してもらいました。前もってDISでもらっていた用紙に記入しておき、パスポート、DS2019を持って行きました。銀行のように順番の札をもらい1時間ほど待っていたところあっけなく終わりました。
夕方は時間があっため、車で近くのホワイトフリントモールに行きました。3階に映画館を発見し、見たいと思っていたトムクルーズ主演のMI-3が上映中だったため入場しました。夕方だったせいか$6.7とリーズナブル、人もまばらで非常に快適でした。あまり言葉はわかりませんでしたが、映像だけでもかなり楽しめました。
細胞の培養再開
今日は、黒マウスと黄マウス(ノックアウトされると黄色くなります)から細胞を取り出して、培養を開始しました。
今回の実験はうまくいくといいのですが。
ここ最近はとてもすがすがしい気候が続いてます。アパートの敷地内は大きな公園になっており、リス、ウサギ、カモ、カエルなどがたくさんいます。日本と違って人が近寄ってもみんな逃げません。

リス

リス。公園にはたくさんいますが、噛まれると病気が心配なので近づけません。

Super H Mart
午後からS君夫妻と隣のヴァージニア州フェアファックスの韓国系スーパー、Super H Martに買い出しに行きました。近くのところよりも野菜の種類が豊富でリーズナブルで、また魚介類も割合新鮮だそうです。韓国のもののみならず日本、中国の食材もたくさん売っておりとても充実したスーパーでした。カップ麺、UFO、冷凍食品などを買いました。

カップ麺も手に入ります。


実験
今日は土曜日でしたが、夕方から今週培養を開始した細胞の染色を行いました。
細胞はコンタミしてませんでしたが、かなり少なく解析結果もあまり芳しいものではありませんでした。
やはり初めからそんなに簡単にはいかなさそうです。

ボスとの面談
今日もボスにつかまり、自分でたてた今後の実験計画などを話しました。あせってくると文章が頭に浮かばずほとんど単語だけになってしまい、ボスもよく相手してくれるなあって感じでした。
ボスは機嫌がよく、”毎週やるから”という言葉が最後にありました。
やっとこれで今週終わりです。

フローサイトメトリー
今日は同僚の人の細胞を使い、半年ぶり以上で細胞の染色を行いました。染色の段階は良かったのですが、フローサイトメトリーの機械が日本と全く同じであったにもかかわらず、半年外病院にいて機械を触っていなかったため使い方を忘れてしまっていて愕然としました。
細胞を無駄にしてしまい、日本でできていたことさえもできないなんてとかなり落ち込みました。
日本からメールでファイルを送ってもらいセットアップのし直しです。
実験開始
今日からいよいよ実験開始でした。ラボの人からマウスをもらい細胞を取り出し、培養開始です。日本と違い、ピンセット、ハサミなどはオートクレーブせず、そのままアルコール消毒だけでみんなやっているようなので、同じようにしました。
日本では油断するとすぐに培地にカビが生えていたので、こちらでもコンタミしないか少し心配です。

メトロのMedical center駅にて。

メトロMedical Center駅にて。NIHの最寄りの駅で、ここから職場があるビルディング10まで10-15分歩かなければなりません。

Medical Center駅の長いエスカレーター

Medical Center駅のエスカレーター。メトロの駅はどれも地下深くにあり、エスカレーターがかなり長いです。有事のシェルターになるのでしょうか??


ラボミーティング
今日は火曜日なので毎週あるラボミーティングの日でした。初めて参加しましたが、日本にいた時と同じように進行状況を少しだけでもプレゼンします。ただ何も進まなければなしでもいいみたいでした。今日は特に聞いているだけでしたが、来週から自分もやらないといけないようで少し頭が痛いです。
ミーティング
今日は朝からいきなりmeetingに連れてかれました。他のラボとのcolaboの打ち合わせでした。早速朝からこれではげんなりでした。

いつも乗っているメトロ。Grosvenor-Strathmore駅にて。


またしてもアパート閉め出し
朝、鍵の調子をみたところ、またしても外から空かなくなってしまいました。幸いリーシングオフィスに人がいたため相談したらすぐに修理の人に連絡を取ってくれ来てくれ、鍵を交換してくれました。
渡米後、連日快晴で暑い日が続いていましたが、今日は夕方から初めて雨が降り、かなり寒くなりました。本当に寒暖の差が激しいところです。夜はI先生の御宅へ昨日買ったソファを運び、夕飯をごちそうになりました。ありがとうございました。


アパート閉め出し
今日は土曜日で自宅での初めての休日でした。午前中は友人夫妻の先導でGaithersbergのMVAへ運転免許試験のtext bookをもらいに行きました。初めてのフリーウェイで少し怖かったですが、何とか無事にたどり着きました。
午後はI先生ご夫妻とまたまたフリーウェイを使ってBeltsvilleのCostcoへ会員登録をしに行きましたが、同じ家族でなくても1つのアカウントで2人まで登録することができ登録料を折半することができました。その後IKEAに行き僕は自分の食器を買いましたが、I先生がソファを買われたため早速アウトランダーに載せて運びました。
その夜、2-3日前からどうも鍵の調子が悪かったのですが、夜にとうとう壊れてしまい一時的に閉め出されてしまいました。同じアパートのK先生に相談しドアマンにお願いしたところ、0時近かったでしたがさすがに修理に来てくれ何とか部屋に戻ることができました(なかなか修理にいつも来てくれなくて困っています)。アメリカ生活は辛抱、忍耐が必要です。
アウトランダーをCarMaxで購入
昨日Car Maxから車が届いたとの電話があったので、AMに友人の車でShady Grove駅近くのCarMaxに契約しにいきました。もう一度試乗し、異常がないことを確認し、契約書にサインしました。予算は少しオーバーでしたがとてもいい買い物ができました。日本と違い、その場ですぐ仮ナンバーを付けてくれてすぐに乗って帰って来ることができました。右車線は慣れていないため数回車線を間違えたり、信号を見間違えたりで怖い目にあいました。
アメリカはマイカーがないと、羽のない鳥のような気持ちになります。

アウトランダー


抄読会(Jounal Club)参加
今日から初めて毎週木曜日に隣のラボと合同で行っているJounal Clubに参加しました。
びっくりしたのは日本にいた時と違って1つのfigureについて数十分と延々と語りあうようなこともあることでした。基本的にはボス以外のラボのメンバーが最新のjounalから一つ持って来て説明します。自分の番は7月下旬まで廻ってきませんが、自分の時にはどうなるのだろうと今からどきどきしました。通常は9時から10時半までやってだいたい時間通りに終わります。言っていることもよくわからず、聞いているだけであっという間に終わってしまいました。
午後は、ボス、他のポスドク2人と僕のプロジェクトの話をしました。2人のうち1人がもうじきいなくなるそうで、その仕事を引き継ぐこととなりました。おもしろそうなテーマですが、勝手が違うため結果がでるまで大変そうです。

NIHビルディング1

NIHビルディング1です。象徴的な建物だそうです。

ラボに出勤開始。
今日からラボに通い始めました。メトロで1駅、$1.35です(NIHから2ヶ月ごとに交通費をMetrocheckとして支給してくれます)。8時台は頻繁に地下鉄が来るため混んでると乗らない人も多く、満員になることが少ないため割合快適です。
午前中は同じラボの日本人の先生とともに実験用具を買いにいきました。今までマイピペットなどはなかったため少し感動しました。ラボの他のメンバーの紹介も受けましたが、言葉もわからず名前と顔も一致せず困りました。女性が7人、男性が3人と女性優位のラボで国籍も日本2人、中国2人、韓国1人、アメリカ2人、イギリス1人、フィンランド1人、メキシコ1人と様々です。ただ自分だけが英語がきちんと話せず非常に辛い環境です。日本の女性は結婚してから働かない人も多いというとみんなびっくりします。フィンランドは医学部の学生の7割が女性とのことでびっくりしました。ラボは日本にいた時よりも汚く、雑然としておりびっくりしました。ゴミを捨てる人はいますが、きちんと掃除をしてくれているところは見たことはありません。免疫の実験をするのにこのような環境ではきちんとした実験結果が出るのか心配ですが、試薬などは市販、ディスポの物も多く、こういうところで帳尻合わせているのかなという感じです。
日本では皆で分担していたバッファー造りなどはないみたいです。

ラボの中

ラボの中
アパートに入居
Ramadainnをチェックアウトし、アパートに初めて入居しました。家具もなくがらんとした部屋ですがとりあえずほっとしました。しかし、いきなり玄関近くのカーペットが湿っており水漏れかもしれないのでオフィスへ。原因がすぐわからないが明日解決してくれるとのこと。レンジもなかなか温まらないためずっと電源をつけていたところ急にヒューズが飛んでしまいストップしてしまいました。それ以外のものは壊れていませんでしたが、いきなりのアメリカらしいトラブルにこれから先が思いやられます。 Skypeを初導入し北海道の妻、子に電話しました。非常にリーズナブル、しかも音もよくびっくりしました。


FC2カウンター



プロフィール

hirot424

Author:hirot424
日本で内科医、研究者として勤務した後、2006年4月から米国メリーランド州NIHに留学しました。
2009年4月に日本へ帰国し新たな生活を始めています。



ブログ内検索



A

シマンテックストア 楽天トラベル株式会社 楽天トラベル株式会社





FUJICOLORプリントおとどけ便



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



お気に入り



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。