チャット
Essays in Idleness 2 ~ North Bethesda NIH留学紀行 ~ 2009年02月
FC2ブログ
Essays in Idleness 2 ~ North Bethesda NIH留学紀行 ~
日本で内科医として臨床と研究に携わった後、2006年4月より米国メリーランド州NIHに留学し、2009年4月に帰国しました。ワシントンDC近郊の日常の備忘録です。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Birthday Party @ Chuck E Cheese
以前同じアパートに住んでいたベネズエラ人のご家族から、息子さんのにうちの息子が招待されたため、家族で近くのChuck E Cheese(チャッキーチーズ)に行って来ました。
チャッキーチーズはアメリカの子供たちが大好きなスポット。
ピザやハンバーガー、サラダが食べられるファーストフードレストラン、パーティルームとゲームセンターがドッキングしたような店です。
出席した日は土曜日ということもあり、同じようなパーティーが5組ほど同時に開催されていました。

チャッキーチーズ

バースデイパーティー

パーティーの途中、パーティルームのステージではChuck Eのぬいぐるみとお姉さんが歌って踊って子供たちのバースデイを祝福してくれて、みんな大喜びでした。

チャッキー

チャッキーチーズ

バースデイケーキ

パーティーが一段落つくと、子供たちは早速ゲームエリアに。ここではビデオゲームだけでなくて立体迷路に滑り台がついた遊具が置いてあるプレイグランドがあったりして、本当に子供のパラダイスという感じでした。

プレイグラウンド


ゲームはトークンというコインを前もって購入し、どのゲームもトークン1枚で楽しめるようになっています。また、なかなかやるなというのがチケットの存在です。どのゲームも終了すると成績に応じてチケットが発券され、成績が良ければたくさんチケットを手に入れられるような仕組みになっています。そして、そのチケット獲得数による総ポイントで、最後に駄菓子やChuck E Cheeseグッズと交換することができます。これもあり子供たちはよりゲームに熱中してしまうようなシステムです。

結局、息子もパーティーでお友達に会えたことよりも、ゲームで遊べたことのほうが嬉しかったようで、折角なのに何だかなあという感じでした。

今月、再び息子は、Chuck E Cheeseで催される別のお友達主催のバースデイパーティに招待されていて、今から大喜びです。


スポンサーサイト
セミナーでトーク
金曜日の夕方に、テニス会の友人の方々が主催されている日本人研究者のセミナーの会があり、NIHで初めて自分の研究テーマを皆さんにお話させていただきました。

自分の論文の内容だけだとあまりおもしろい話にし難いし、出席される方々に自分が興味ある研究(免疫学)のおもしろさをなるべく理解していただきたいと思い、あれもこれもと詰め込んでスライドを作っていたら、60枚近くの大作になってしまいました。

結局、トークでは延々と1時間近く喋ってしまい、結構最後の方は自分自身もぐったりしてしまって、何となく尻すぼみな内容になってしまった感じが残念でした。
ただ長いだけでお聴き頂いた皆さんの興味を魅くような内容になったのかは疑問なのですが、発表の準備のためにスライドを作りながら、専門外の方々にとってどうすれば分かりやすくなるかということを考えるプロセスは頭の中の知識の整理にもなり、大変良い経験になりました。

セミナーの後は恒例のHootersで懇親会があり、酔っぱらいながら研究談義で盛り上がりました。

幹事の皆様には良い機会を与えていただき本当に感謝します。
また、セミナーにお越し下さった皆様、長い時間お付き合いいただき誠にありがとうございました。


The Green Tree Restaurant (Historic Old Town Leesburg in VA)
アメリカの連休の時には、モールでよくセールがありますが、我が家ではリースバーグコーナープレミアムアウトレットによく行きます。
16日月曜日はPresident Day(アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントンと16代大統領アブラハム・リンカーンの生誕を称える日)で休日だったので、今回もアウトレットに行って来ました。
いつもはフードコートで軽食を取ることが多いですが、それも飽きて来たので、前から行きたいと思っていたHistoric Old Town(歴史地区)を訪れてみました。

リースバーグ(Leesburg)の街はワシントンDCの北東約35マイル、ポトマック河の近くにあり、現在、Loudoun Countyの行政施設がおかれています。河を挟んで隣はメリーランドのPoolsvilleという街です。
Leesburgの街のサイトを読んでみると、リースバーグの歴史についてとても興味深いことが記載されていました。
元々、イギリス植民地の街として1758年設立、当初、George Townという名前だったのが、ヴァージニアの英雄、(リー将軍の?)リー一族の影響によりリースバーグという名前に変えられたそうです。
全然知らなかったのですが、昨年(2008年)は設立250周年ということで祝賀行事が行われたそうです。
1812年の独立戦争中は、何と臨時首都が置かれ、1823年にモンロー(James Monroe)大統領がモンロードクトリン(相互不干渉主義を意味します)をこの街に住んでいた時に記したそうです。
南北戦争中は当然、戦いがあり、1861年の Ball’s Bluff の戦いの結果、南軍が勝利をおさめています。現在、戦争跡地はBall’s Bluff Battlefield Regional Parkとして保存されています。
また、リースバーグは第二次世界大戦後のマーシャルプランで有名な、マーシャル将軍(George C. Marshall)の家があったこととしても有名だそうです。
リースバーグの歴史保存地区は1970年に国に登録されています。

オールドタウン(歴史地区)は街の中心地にあり、リースバイグパイク(Rt. 7)をリースバーグコーナープレミアムアウトレットの方へ向かうRt. 15方面に曲がらず、まっすぐ北上すると街の中に入ります。

メインストリートのKing St.に足を踏み入れると、今まで訪れたことがある別のヒストリックタウン(アレキサンドリア、ゲティスバーグ、ワレントン、セントマイケルズなど)と同様に、古い町並みが保存されていて、通りを歩くと何となくノスタルジックな不思議な気分になります。
昔からの建物を利用したお店がいくつか並んでいて、The Leesburg Colonial InnというホテルとともにThe GreenTree、Bella Luna Ristrante、Balll's Bluff Tavern, Georgetown Cafe, The King's Court Tavernなどの飲食店がTown Officesの駐車場のすぐ近くに固まっています。

リースバーグ

リースバーグ

その中でThe Green Treeというレストランに入ってみました。
The Green Tree

このレストランはどの料理も18世紀のレシピを元に味を再現したというのが売りのレストランです。スタッフが、議会図書館やThe Natinal Archivesに置いてある手紙や日記を何ヶ月も調べあげてメニューを完成させたそうです。

The Green Tree

The Green Tree

The Green Tree
ちょうどランチの時間で、冬のアメリカならではのホットアップルサイダーとともに、妻はカニの身を包んだクレープを、そして僕は炭火焼ラム肉のピタパンサンド、息子はシーフードチャウダーにしました。

ピタパンサンド炭火焼ラム肉のピタパンサンド

シーフードチャウダーシーフードチャウダー

予想通りどの料理も味は申し分なく、1700年代の味を堪能することができました。各テーブルに蝋燭が灯された少し暗い店内はトラディッショナルの落ち着いた雰囲気で、ウェイター(フランスの方?)のサービスも結構良かったので、直感で入りましたが成功で嬉しかったです。
息子はチャウダーをよほど気に入ったのか、レストランから出た後も、『チャウダー美味しかったあ』と何回も繰り返していました。

The Green Tree
15 South King St., Historic Old Town Leesburg, VA
Lunch and Dinner serving daily (Sunday brunch 11:00-4:00)
703-777-7246


2月なのに小春日和。
先週までのものすごい寒さは一段落し、今週は一転、最高気温が何と10℃-20℃。
アメリカ人はこういう時は半袖、Tシャツ一枚という人が現れます。
以前も書いたようにここ東海岸は、日本と同様に四季がはっきりした温暖湿潤気候ですが、ときどきこのように変な気候が繰り返されます。
氷点下の寒さに慣れてしまっていたせいか、10℃以上になると、全然寒く感じないのが不思議です。
先日はアパートのパークの樹々の芽も少し出ているのに気づきました。
夜も暗くなるのが6時近くと徐々に遅くなってきたので、春は確実に近づいているようです。
ちなみに来週はまた最高気温数℃という気候に戻ってしまうようです。
Tax Preparation Workshops for the Tax Year 2008
雪は降ってませんが、昨日からまた日中も氷点下10℃近くが続き、外を歩いていると顔が痛いし滅茶苦茶寒いです。
朝、息子を幼稚園に送るため車に乗ったら、飲みかけで置き忘れたコーヒーが車内でこちこちに凍っていてびっくりしました。

ところで、2月になり、いよいよTax Retunの時期が近づいて来ました。
来月からDISのページにあるように、書類の提出の仕方を詳しく教えてくれるTax Preparation Workshops for the Tax Year 2008がNIHにおいて始まります。

スケジュールは以下のとおりです。

tax workshop

tax workshop2

私も昨年はJ1の3年目で、やっとStatusがResidentとなったため控除が多くなります。帰国時期がTax returnの提出時期と重なり、また、ITINの申請のこともあり少し複雑そうなので、是非参加しようかと思います。
とりあえず1042S(源泉徴収票)のNIHでの発行が3月15日以降と決まっているらしいので、それをゲットするまでは具体的な作業は進められません。
ずっと気になっていたのですが、帰国後、日本から書類の提出は可能なのでしょうか?
My Favorites更新しました(2.5.09)。
まだまだありますので、少しずつですが時間ができ次第、どんどん更新していきます。
http://hirot4242004.blog111.fc2.com/
Google Chrome
またしてもネットねたです。
現在、OS10.4.11のMacBookを一昨年から使ってますが、SafariをVer. 3.2.1にしてからかなのか、何故か頻繁に落ちるようになってしまいました。誰か詳しい方、原因を教えてください。
仕方ないので、最近はFirefox Ver. 3.0.5を使っていますが、何となく使い勝手が良くないような気がしてしっくりいきません。ページを表示するスピードが速いという噂でしたが、それほど凄いのかなという感じです。
それに関連しての話題ですが、最近GoogleがGoogle Chromeというウェブブラウザを新たに開発したそうです。残念ながら、まだウインドウズ用のみのダウンロードですが、Mac用は開発中ということで、今すぐ登録ページでメールアドレスを登録しておくと、リリース時期が決まり次第メールで教えてくれるようです。
宣伝の映像によれば、こちらもかなり速いことが宣伝のようなので、結構楽しみです。
昔はMac用としてインターネットエクスプローラー、ネットスケープコミュニケーターやiCabなどがありましたが、今はまったく使うことがなくなってしまいました。ウェブブラウザのシェア獲得競争は結構厳しいものがありますね。

The Washington Auto Show 2009
昨年に続いて、今年もワシントンDCのコンベンションセンターでThe Washington Auto Showが開催されたため、息子を連れて行って来ました。

ワシントンオートショー



最近は不景気で、アメリカの車業界は悲惨な状態にあるという暗いニュースがしょっちゅう流れています。やはり昨年と比べて今回のイベントは自粛ムードのようで、去年あったクライスラージープの悪路体験同乗走行はなく、ただ整然と車が展示しているだけでした。

そうは言っても、アメリカは車の国。買えなくても車が大好きな人は多いようで、お客さんの数はあまり去年と変わらない雰囲気でした。
こちらのモーターショーの良いところは高級車メーカーの車であっても自由に運転席に座っていろいろ自分で触って操作できることです。また、コンパニオンの数も少ないので、純粋に車を見に来る人が多いため、そのぶん車が見やすいことです。
さすがのアメリカの自動車メーカーも今後はエコを売りにしていくようで、CO2削減と代替エネルギーによる動力機関の開発、特にハイブリッドカー、電気自動車、クリーンディーゼルなどのエコカーの開発は現在、各社の宣伝文句にさえなっているようです。Green Carコーナーというブースが作られていて、各社が精力的に開発中のエコカーがずらっと並んでいました。

ジェッタ
VW Jetta

Smart
SMART

iMiev
三菱iMiev

フォード
Ford Escape Hybrid


トゥアレグ
VW Tuareg

また、次のような興味深い電気自動車のスポーツカーも発表されていました。
クライスラーEV
コンセプトカー、ダッジサーキットEV。286馬力のモーター搭載で、シャシーはロータス製です。

Tesla
カリフォルニアのベンチャー企業、Tesla Mortorsのテスラロードスター。既に市販されていてベースが10万ドルからだそうです。

今年は東京モーターショー開催の年でもあります。帰国後、久しぶりに見に行けるのが今から楽しみです。 


FC2カウンター



プロフィール

hirot424

Author:hirot424
日本で内科医、研究者として勤務した後、2006年4月から米国メリーランド州NIHに留学しました。
2009年4月に日本へ帰国し新たな生活を始めています。



ブログ内検索



A

シマンテックストア 楽天トラベル株式会社 楽天トラベル株式会社





FUJICOLORプリントおとどけ便



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



お気に入り



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。