チャット
Essays in Idleness 2 ~ North Bethesda NIH留学紀行 ~ 2009年03月
Essays in Idleness 2 ~ North Bethesda NIH留学紀行 ~
日本で内科医として臨床と研究に携わった後、2006年4月より米国メリーランド州NIHに留学し、2009年4月に帰国しました。ワシントンDC近郊の日常の備忘録です。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tax Return 2008の提出 in 2009
Tax Return2008の締め切りが4/15と迫ってきたので、先日記したように、土日で書類をファイリング、プリントしてついに月曜日郵便局から送りました。

今年はJ-1ビザ3年目で、US Resident AlienというStatusになるので妻と子の分を控除するためITINの申請が必要となります。そのためのW7の書類を添付しましたが、昨年までと比べて提出書類も減り、Standard deductionの額がものすごいので、他の控除を考慮する必要がなく、ものすごくファイリングが楽でした。

Tax Return用に作成した(用意した)書類は以下となります。

1. 1042S(NIHからの源泉徴収票)
2. Form 1040
3. From W7 (妻と息子用、パスポートのNotarized copyとともに)

4. Form 502E(州税の締め切りを6ヶ月延長してもらう)

Federal用 (1-3)、State用 (4) を別々に封筒を入れて、以下の住所に郵送しました。

(Federal用) Internal Revenue Service, ITIN Operation, P.O. Box 149342, Austin, TX 78714-9342
(State用) Comptroller of Maryland, Income Tax Division, Annapolis, MD 21411

使用した郵便は、Federal用はテキサス州なのでFirst-Classより少し早いPriority Mail(アメリカ国内なら2-3日)、State用は近いので普通のirst-Classを選びました。
そして、それぞれCertified Mail(配達証明、$2.7)、Return Receipt(受け取り証明、$2.2)を付け、総額$15.58でした。

Certified Mailをお願いするとナンバーが書かれたReceiptをくれますが、USPSのページから、自分の郵便が何処にあるかトラッキングすることができます。

月曜日送ったのですが、水曜日確認したらきちんとテキサスの宛先に届いていて安心しました。
あとは無事にITINが届くのを祈るのみです。






スポンサーサイト
DC Unitedホーム開幕戦
3月末になって桜が咲き出してから、寒さが随分和らいできました。

土曜日の夜、RFKスタジアムでDC Unitedのホーム開幕戦があったので観戦してきました。
昨年は1回も行かなかったので1年半ぶりぐらいので生観戦です。

以前も書きましたようにDC UnitedはアメリカのプロサッカーリーグMLS (Major League Soccer)の東地区に所属する、ワシントンDCが本拠地のチームです。
MLSは白人中産階級におけるサッカー人気の広がりとともに着々と規模を拡大していて、現在、東地区7チーム、西地区8チームで運営されていますが、2010年にはPhiladelphia、2011年には元日本代表の鈴木隆行選手が現在所属するPortlandと、そしてVancouverも新たに加わるとのことで、本格的にプロサッカーチームの誘致と設立が北米でも普通に儲かるビジネスととらえられるようになってきたんだと思います。

DC Unitedは1996年MLS設立ともにできたチームで、これまでMLS Cup(リーグプレーオフ)4回 (96, 97, 99, 04)と最多、Supporter's Shield(リーグ優勝)4回 (97, 99, 06, 07)と最多、US Open Cup (天皇杯のような全米No.1を決めるカップ戦) 2回 (96, 08)と数々のタイトルを獲得した名門チームです。

ホームスタジアムはRFKスタジアムで、一昨年までワシントンナショナルズとスタジアムを共用していました。メトロのオレンジラインかブルーラインの東方面に乗って、Stadium-Armory駅で下車すると、徒歩で10分ほどで到着です。

RFKスタジアム
闇の中で照明により発光するスタジアムはいつみても美しいです。

ギフトショップ
以前はナショナルズのオフィシャルショップだった所が、DC Unitedのショップに変わっていました。ものすごいグッズの充実度で、ファンにはたまらない物ばかりです。幾つか手に入れたのは言うまでもありません。

RFKスタジアム

RFKスタジアム
上の座席は開放していませんでしたが、下のスタンドは8割ほどで満席。メインの応援団がいる反対側のスタンドはほぼ満席で、サッカーリーグが全米でものすごい人気では無いながらも、かなり興行的に上手く言っているような感じがしました。やっぱりヒスパニック系のお客さんが多いですが、ファミリー連れ、カップルも多く、客層は結構良い感じでした。
ここ数年はだいたい一試合あたりの観客数が2万人前後ということで、Jリーグと同じような人気(少し良い?)でしょうか。

開幕ゲーム
相手は因縁のChicago Fire。以前、プレーオフに進出もChicago Fireに負けて優勝を逃しています。ホーム開幕ということもあり、メインスタンドの応援団は相当盛り上がってました。

いびつな形をしたスタジアムなので、ゴール裏はほとんど席がなく、昨年からのメインスポンサーであるVWの車の展示スペースになっていました。
ゴール裏

応援団
ですから、ゴール裏のサポーターはこんな感じでちょびっとしかいなくて寂しい感じでした。

DC Unitedはアメリカ人プレーヤーをベースに(元アメリカ代表のベン•オルセンがずっと出てます)、助っ人はブラジル、アルゼンチンなどの南米系とアフリカ人の選手から成り立っています。そのためショートパスと個人技を駆使したサッカーという感じなのですが、まだ開幕戦のためかコンビネーションがかなり悪く、ミスも多くて、前半一点を先制するも、前半の終了前頃よりずっと押し込まれてしまい、後半に一点返されてしまい結局引き分けでした。
試合は残念でしたが、やっぱりスタジアムの生の雰囲気を感じるのは本当に良いものでした


RFKスタジアムは1961年オープンということでもう相当くたびれた感じがします。また、サッカー専用でなく、もともと野球、アメフトとも共用できるようになっているので、客席の配置がいびつで美しいスタジアムとはとても言えません。
現在、ホームスタジアムの移転が計画されていて、Prince George's County Soccer Stadiumが今年から着工、2012年オープン予定ということになっているそうです。

ちなみにMLSの人気にリンクして、先日3月からアメリカの女子プロサッカーリーグWPS(Women's Professional Soccer)が全米7チームで開幕しました。DCには日本人の澤選手(何と背番号10番です)を獲得したWashington Freedomというチームもでき、最近メトロ内や駅で宣伝の写真を見られるようになりました。
Washington Freedom

ホームスタジアムは我々が住んでいるRockvilleのすぐ近く、German TownのMaryland SoccerPlexだそうです。何となく身近な感じがしますが、将来はDC Unitedと同様にPrince George's County Soccer Stadiumがホームスタジアムになるようです。

ちなみに地元サッカーネタをもう1つ。この近辺を本拠地とするチームとして現在、MLSの下部セミプロリーグUSL (United Soccer Leagues)に所属する、2007年設立のReal Maryland FCというチームもあります。
ホームスタジアムはRichard Montgomery High Schoolというロックビルの高校内にあるようです。
今期は4月25日ホーム開幕でBermuda Hogges戦とのことです。帰国前に一度試合を見てみたかった。。
桜の開花
いよいよ今日から恒例のDCの桜祭り(National Cherry Blossom Festival)が開幕となりました。
見頃のピークは4月1-4日とのことですが、きちんとそのスケジュールに合わせて、Medical centerの駅前やNIH内の桜もついに咲き始めました。

桜

桜2009

桜2009

こういう四季の移り変わりを日本と同じようにはっきりと感じられるのがDCのとても良いところだと思います。
帰国前で不安で慌ただしい毎日ですが、桜の花を見て少しほっとした気分になりました。
DCの桜祭りは今日から約2週間続き、4月12日閉幕です。11日夜は8時半から9時までNational Cherry Blossom Festival Fireworks Showとして花火が打ち上げられるそうです。独立記念日以外にDCで花火があるのはアメリカに来て初めてのような気がします。


妻と息子の帰国
24日、前日のANA日本便の欠航の影響はなく、無事に妻と息子はIADを飛び立ちました。
天候もアメリカらしい陽気なカラっとした晴天で、別れの寂しさを和らげる日でした。
息子も飛行機に乗れる嬉しさかあっけらかんとしたもので、じゃあバイバイという感じで、あっさりとゲートに入って行きました。
この3年間で数えきれない程(大げさですが)、皆さんのお迎えと見送りのためにIADに来ましたが、いよいよ来月末は自分の番。
残り1ヶ月、今の仕事がまとまるように一人の生活で全力投球です。

IAD見送り


妻と息子帰国前日
23日妻と息子が先に日本に本帰国する予定だったのですが、朝、実家の親から成田空港で飛行機事故があったとの電話が。また、T先生からのメールもあり、驚いてANAのホームページを見てみると何とアメリカから日本への便がすべて欠航になっていました。

空港に直接行って確認しようかと妻と話していると、すぐにANAから電話で連絡があり、幸いなことに翌日24日の便にそのまま変更してくれるとのことでした。スケジュールが1日変更になってしまい、何となく困ったようなほっとしたような気持ちもあって複雑な感じでした。

妻と息子にアメリカ最後に何処に行きたい?と尋ねると息子はNIH(僕のラボ)が良いと。
以前、休日に数回連れて行ったことがあるのですが、ピペットを触らせたり、gelを作ったり、ドライアイスに水をかけてモクモクするのを見せてあげたのが、とても印象に残って楽しかったようです。その後、将来、研究者になりたいと言い出したことは言うまでもありません。

僕は午前中ラボに先に出勤して、昼頃メディカルセンターまで妻と子を迎えに行きました。ビルディング10の地下のカフェテリアで皆で食事をして、R and Wでお土産を買ってから、
妻を下に待たせて息子だけラボに連れて行きました。
月曜日で皆、真面目に実験していたので、息子がしたかったことはさせてあげられませんでしたが、最後だと思ってボスや秘書さんのところに挨拶に連れて行きました。

幼稚園に通いながらも以前あれほど英語を嫌がっていた息子は、驚くことにこの半年で随分英語を吸収し友達とも話せるようになってきていたようで、外人の大人の前でも物怖じせず対応するようになっていてびっくりしました。
ボスに、彼は将来、研究者としてここに戻って来ますよと言ったら、席を空けてまっておくからと言ってくれました(笑)。

こういう素晴らしい環境で僕が働いていたことを息子がずっと覚えていてくれて、将来の彼のモチベーションに良い影響を及ぼしてくれればなあと思っています。
まだ息子は、僕の医師として働いている姿は知らないので、これから日本でそれを見せなくては。

帰国前息子とビルディング1にて
ビルディング1の前で。

祝 WBC日本優勝
久しぶりの明るいニュースでした。
外国にいると何故かナショナリズムが刺激されて日本人であることを強く意識します。
最近はあまり野球に興味がなかったのですが、日本の優勝するところだけはせめてLiveで見たいと思い、夜中2時頃までWBCの日本対韓国の決勝戦をESPNの中継で最後まで見てしまいました。勝利の興奮でかなり寝るのが遅くなってしまいました。

アメリカ人にとってはアメリカが優勝しない大会はあまり盛り上がらないようですが、アメリカ生活の最後の良い思い出の1つになりました。

妻と息子のアメリカ最後の週末 Part 2(Mall地区へ)
George Townの後は、Mall地区へ行きました。
快晴のワシントンDCは、空の青さ、樹々の緑、そして建物の白さのコントラストが本当に美しく感じて、何回来て見ても飽きません。

以下、すべて息子が取った作品です。
息子の目にもこの美しい光景が焼き付いたのではないかと思います。
こういう素晴らしい所に住んでいたことをいつまでも覚えていて欲しいものです。


ひで写真

ひで写真

ひで写真

ひで写真

ひで写真

ひで写真

妻と息子のアメリカ最後の週末 Part 1 (George TownのDEEN & DELUCA)
妻と息子が帰国前に最後のDC観光に行って来ました。

George TownのDEEN & DELUCAで買い物して、昼食後、何回も訪れたMall地区に行きました。


Deen and Deluca
DEEN & DELUCA。元々倉庫か何かだったのでしょうか?外から見ると何だか古くさくこじんまりしているように感じましたが、中に入るととても天井が高くて清々しい開放的なスーパーでした。


Deen and Deluca

Deen and Deluca

Deen and Deluca
エスカルゴ以外にもハチミツとかワインなども充実していました。
何故かZAGAT SURVEYの最新版も売っていて、もう必要ないかもしれないのに買ってしまいました。

何年か前に品川にもできましたが、行ったことがありませんでした。帰国したらアメリカの雰囲気を感じに行ってみようかな?
DEEN & DELUCAについて調べてみると1977年NYでジョエル・ディーンさんとジョルジオ・デ・ルーカさんが開業、現在海外店舗は東京(8店)、名古屋、台北のみだそうです。
ファミマでDEEN & DELUCAのアイスクリームも売っているそうですね。

Georgetown Store
3276 M Street NW
Washington, DC 20007
202.342.2500 Open Mon-Sun
Café: 7am to 8pm
Market: 9am to 8pm

Espresso Bar, Catering,
Personal Shopping

Catering 202.342.2500 EXT: 233


小児科受診
週末から息子が熱発し、月曜日になっても喉が痛いというので小児科に連れて行きました。

アメリカのクリニックの良いところは完全予約制なのですが、当日でもすぐに予約が入るし、空いているので先生がじっくり診察してくださるところです。多分、NIHで加入してくれているPPOの医療保険のグレードがすごく良いことも影響しているかもしれません。
どこを受診しても日中であれば、Co-pay$10を支払うのみです。

息子の診断は、扁桃腺は腫れているが、元気になってきているようなので、多分風邪でしょうとのこと。しかし、溶連菌感染が子供の間ではやっているので、念のため咽頭培養をしておきましょうとのことでした。
その後、息子の病状は悪化することなく、毎日元気に過ごしていたのですが、3日後、培養の結果がPositiveだったとの電話が先生から自宅にありました。幼稚園でもはやっているというのを聞いたので、もらってきたようです。
抗生剤(アモキシリンシロップ)を10日分処方してもらい(CVSで$5払いました)、その夜から内服を開始しました。知らなかったのですが、GiantやSafewayの薬局に処方箋を出していれば、培養検査を行った後の抗生剤は無料でもらえるサービスがあるそうです。
シロップはドロッとしたピンク色のまずそうな様子で、何と一回、5ml注射器1本半分も飲まなくてはいけなかったのですが、幸いにも甘い味を息子はとても気に入ったようで、朝と夕の内服を不思議にも大喜びで飲んでくれました。

以下にこれまで息子がかかった小児関連のクリニックをまとめておきます。

小児科
Dr. Annop Tan
2109 Dennis Ave., Silver Spring, MD 20902
301-681-1508
先生はタイ人の方ですが、昔、東京医科歯科大学に留学されていたとのことで、日本語もペラペラな優しい先生でした。大人も診察や予防接種を受けることができました。Wheatonのモールの近くで、Georgia Ave.沿いです。

Dr. Hsuan Chiene Huang
121 Congressional Lane #320, Rockville, MD20852
301-468-6161
台湾の方でやはり優しい先生でした。簡単な英語で非常にわかりやすく病気について説明してくれました。コングレッショナルプラザの近くです。

小児眼科
Dr. Stephen R. Glacer
URL: www.kidseyecare.com
15235 Shady Grove Rd. #101, Rockville, MD20850
301-330-1366
Shady Grove Hospitalの近くです。

小児科救急診療
Urgent Medical Care Rockville
URL: http://www.nighttime.com/main.asp?page=1157
12220 Rockville Pike, Rockville, MD 20852
Tel: 301.468.6483, 888.808.6483
午前11時から深夜まで、休日を含む365日連日開業しています。
先生たちはバイトのようですが、常にすぐ診てくれるので、心強い存在のクリニックでした。
Google for Researchers in NIH
3月も中旬になり最高気温が10℃前後と随分陽気になってきました。

さて、私がNIHに勤務してから初めてだと思いますが、今週、NIH Library主催でGoogle for ResearchersというGoogleの公開セミナーが開かれました。
皆、相当興味ある内容だったらしく、会場となったビルディング10のLipsett Amphitheaterの大ホールはあっという間に満員となってしまい入れませんでした。幸いなことにもう1つの大ホールMasur Auditriumでビデオ講演が同時に行われたのでそちらで見ることができました。

Googleの方が実際にPCの画面を操作しながら、効率的な検索の仕方をスクリーン上でプレゼンしてくれましたが、特に研究者向けのサービスの説明というよりは、宣伝を兼ねたかなり一般的な内容でした。普段何気なく接しているGoogleですが、あらためてという感じでおもしろかったです。

また、詳細な説明、使用法は割愛しますが、GmailGoogle TranslateGoogle ScholarGoogle Map/EarthGoogle NewsGoogle AlertsGoogle ReaderGoogle Trends等といった現在提供中の無料サービスが如何に便利で役立つかという簡単なプレゼンもあり、全然自分は使いこなせていませんが、本当に過剰なまでのサービスを提供(しかも他言語で)しています。アメリカならではの凄い会社だとつくづく実感しました。
2009 Tax Workshop
先日記しましたようにNIHでTax Workshopが金曜日の午後に開かれたので参加してきました。

Workshopに参加すると2008 Guide to Income Tax Preparation for Visiting Foreign Scientistsというガイドブックをくれますが、その中にはNIHでの様々な立場における記入例が掲載されていて、このガイドブックを元に税金専門の外部の方が、どのような書類を用意したら良いかを詳しく説明してくれました。

特に、J1 Non-resident(渡米後二年以内の人)の書類作成についてはスライドを用いながらとても詳しいプレゼンがあったので、初めてのTax Returnの方は参加されると良いかと思います。

私はことしはJ1 residentとなるため、家族の控除を申請できるようになります。
そのために必要な手続きは以下のようになります。

1. Form 1042Sを入手(NIHから3/15以降送られてきます)。

2. 家族用ITIN (Individual Tax Identification Number) 申請のため家族のためのForm W7作成。
 この書類にはIRSのlocal ofiice (Acceptance Agent)でサインしてもらうか、公証人に証明してもらっ
た(Notarized)家族の免許証やビザなど身分証明書のコピーを一緒に付ける必要があります。
 公証人は銀行には必ずいるようで、私はシティバンクの口座を持っているため同銀行にお願
 いしたところ無料で印を押してくれました。

3. Form 1040作成。

4. Form 1042S, Form 1040, 家族分Form W7 (and 公証印付き証明書コピー)を次の住所、
 IRS, Austin Service Center, ITIN Operation, P.O. Box 149342, Austin, TX 78714-9342
 に郵送でひとまず連邦税については終了です。

5. さらにMD State Taxもそのままだと昨年までと同じStatusで処理されることになってしまうので、
 Form 502Eを
 Comptroller of Maryland, Income Tax Division, Annapolis, MD 21411に郵送します。
 そうすることで、州税の手続きが半年間延長になるそうです。
 最終的にITINが手元に届いたら正式なForm 502にITINを記入し、上記の住所に郵送して終了にな
 るようです。

私は日本で毎年確定申告をする立場だったので、アメリカでの同様な手続きもあまり苦ではありませんでした。自分でやってみると意外と簡単なのでトライする価値はあると思います。
スタバのタンブラー
アパートでは毎日コーヒーのサービス(最近スターバックスのマシンが設置されました)がありますが、3月から環境に配慮してゴミを出さないという名目でオフィスからの紙コップの提供が無くなりました。
そのため自分で容器を用意しないといけなくなっため、妻がバレンタインデーのお返し(実は自分はもうじきホワイトデーなのを忘れてました)として、スターバックスのタンブラーを買って来てくれました。
環境問題に配慮するというメッセージが散りばめられた綺麗なグリーンのデザインで、容器自体はリサイクルの材料で作られているそうです。
まさに自分の信念にぴったり。スタバに持って行くとコーヒーを割引してくれるそうなので、毎日持ち歩こうかと思います。

スタバのタンブラー

テニス会の送別会(+ボウリング)
3月になってから1週間以上たち、とても暖かい日が続くようになってきました。
今日は、土曜日に参加していたNIHテニス会の皆さんが送別会を開いてくださいました。
穏やかな気候の中、午前中はいつものRockville Civic Centerでテニスをしました。
ずっと週末は寒かったので、久しぶりのテニスでしたが、親しい皆さんと和気あいあいという雰囲気の中で、打ち合いをとても楽しむことができました。

テニスコート

テニスコート

テニスコート

テニスコート
帰国後はこの自然豊かな風景も見られなくなるかと思うと寂しい気持ちでいっぱいです。

午後は、お気に入りのTyson Buffet and Restaurantでお食事会がありました。
テニス会の集合写真が入った素敵な写真立てと、皆さんからの寄せ書きをいただき、本当に良い思い出になりました。

そして、夕方からは二次会まで企画して頂き、NIHの向かいの海軍病院内にあるボウリング場に行ってきました。大学生の時に行った以来ですから10年以上ぶり、妻は(息子もですが)何と人生初ボウリングでした。

ボウリング場

ボウリング場

システムは日本で昔やっていた時とほぼ同じような感じ。シューズをレンタルし、コンピュータの画面に名前さえ入れれば、ゲーム開始となり、自動的にスコアは計算してくれます。

ボウリング場

ボウリング場

ボウリング場
海軍病院らしく壁画は病院船?。

始球式
始球式として第一投を投げさせて(転がさして?)頂きました。力が入り、案の定ガーター。昔と下手さは変わりなかったです。

ボウリング場

結局、生まれて初めてという妻は丁寧な投球が功を奏し、スペアのみならずストライクまで決め、私より遥かに良い点数を稼ぎました。
また、息子用としてコースの両サイドにゲートが上がる仕掛けがあり、ガーターにならないようにしてもらいました。息子は大きなボールを転がすのがなかなかうまくいかないながらも、ピンを倒すごとに歓声が上がり、皆にほめてもらえるボウリングがとても気に入ったようで、ずっと自分の番がまだかまだかという感じで、心待ちにしていました。

このように朝から晩まで大変充実した、思い出深い送別会の一日を過ごすことができました。
幹事をしてくださったFさん、Tさん、またご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。


WOOKIEEPEDIA
息子よりも自分がはまって、毎週金曜日に見るのをとても楽しみにしているTV版Star Wars (The Clone Wars)もついに最終回が近づいて来ました。DVD版があったら買って日本に持って帰りたいくらいです。

ところで、とても素晴らしいページを見つけました。
Wikipediaを始めたJimmy Wales氏が提供するサービスWikiaのWookiepedia (Star Wars版Wikipediaのようなページ)です。このタイトル名は、エピソード4-6に出ていた猿人のようなエイリアンChewbaccaが属するWookieeから取ったものと思われます。
このWookieの歴史を見るだけでも相当詳しく描かれています。

お好きな方ははまること間違いないと思います。






日本への引っ越し荷物(船便)の搬送
月曜日、大雪の中、引っ越し業者の方が出勤できなかったとのことで、作業開始が2時間遅れとなってしまいましたが、とうとう日本への船便の引っ越し荷物が送り出されました。

自分、妻、息子の物と日本では入手しにくい思い出の品々を段ボールにたくさん詰めて、結局渡米時よりも量は増えてしまいました。
全ての荷物は約1ヶ月半で日本に届く予定です。

日本での行き先が決まっていない場合、DCか東京で荷物を数週間置いておくことをお願いすることもできるそうですが、今回は到着までにはさすがに家も決まっていると思うので、そのまま送ってもらうこととしました。

これで家の中もだいぶすっきりし、いよいよ帰国が近づいて来たことをひしひしと感じる毎日です。

引っ越し









FC2カウンター



プロフィール

hirot424

Author:hirot424
日本で内科医、研究者として勤務した後、2006年4月から米国メリーランド州NIHに留学しました。
2009年4月に日本へ帰国し新たな生活を始めています。



ブログ内検索



A

シマンテックストア 楽天トラベル株式会社 楽天トラベル株式会社





FUJICOLORプリントおとどけ便



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



お気に入り



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。