チャット
Essays in Idleness 2 ~ North Bethesda NIH留学紀行 ~ J-1ビザの更新の準備
Essays in Idleness 2 ~ North Bethesda NIH留学紀行 ~
日本で内科医として臨床と研究に携わった後、2006年4月より米国メリーランド州NIHに留学し、2009年4月に帰国しました。ワシントンDC近郊の日常の備忘録です。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J-1ビザの更新の準備
今月DS2019の更新が済んだため3月の J-1ビザ更新に向けて書類を作り始めました。
現在の我々ポスドクの身分の場合、DS2019が有効であればビザの有効期限が仮に切れていてもアメリカに住んでお給料をもらうことは違法ではありません。
しかし、海外に一旦出国した場合に、ビザが切れているとアメリカに再入国することができなくなります。すなわち、簡単に日本に一時帰国したり、他国に旅行することができなくなります。
例外として、NIHでの説明によれば、カナダ、メキシコ、カリブ海諸国からのアメリカへの入国は、ビザが切れていてもDS2019が有効でアメリカ出国時のI-94を持っていればアメリカへの再入国が可能なようです。
しかし、実際は入国出国時の係官がこのルールを理解していないことが多いみたいで、通常はI-94をアメリカ出国時に自動的に取られてしまうため、ビザが切れているとアメリカ出入国時にI-94のことでもめることが多いようなのです。そのため、やはりアメリカから外に出ることを考えている場合にはどこに行くにしてもビザの更新をしておいた方が無難なようです。
ビザの取得には1度アメリカを出国し、他国のアメリカ大使館に行く必要があります。すなわちアメリカ周辺のカナダ、メキシコ、バハマなどのアメリカ大使館でもできるようなのですが、日本が一番確実で安心という話を聞いたので、今回は初めてビザを取得した際と同様に東京で取得することにしました。
更新ビザの取得時期ですが、アメリカ大使館に尋ねるとビザの有効期限が過ぎてからでないと発行しないと言われた方がいらっしゃいます。また、そのようにしないといけないと説明している個人サイトもあります。しかし、現在NIHに留学をしていらっしゃる日本人の方々にお話を聞くとどうも期限が切れる前でも更新できるようなのです。
どちらが正しいのかはっきりしないので、NIHのDIS(Division of International Service)に質問してみました。すると、やはり期限前の更新でも可能だそうです。そのため、今回は期限前更新をすることとしました。

ビザ更新の手順はアメリカに渡航する前にビザを初めて申請した手順とほとんど(SEVIS)同じです。
まず、日本のアメリカ大使館のサイトの非移民ビザの取得というところからDS156に家族全員の情報をオンライン入力しプリントしました。
そして、そのプリントの3枚目に記されているBarcode number を面接予約のページで入力してカレンダーから面接を予約しました。まだまだ2月、3月は空いていてすんなり3人分の予約を取ることができました。この際、面接の予約確認書が画面で現れるのでプリントしておく必要があります。
ここまでひとまず終了しました。
後は、DS-157「非移民ビザ補足申請書」:16~45才の男性のみ、すなわち自分の分だけをダウンロードし記入するのと、完全なDS-158「連絡先および職歴書」: 16才以上のすべての申請者、すなわち自分と妻の分を作製する必要があります。
あと面倒なのが申請料金の支払いです。サイトでお支払い情報番号を取得後、日本のATMで振込み、その利用明細を一緒に提出しなければなりません。日本に着いたらすぐ行うか、家族に前もって頼む必要があります。
また、申請料金が今年の1月から$100が$131に値上げされてしまいました。数ヶ月のタイミングで悔しいものです。

初回に払ったSEVIS費用はJ-1プログラムに変更がなければ今回は支払わなくて良いそうです。

まとめるとビザ申請時必要な提出書類は以下となります。
また、サイトにはJ-1ビザの申請の場合、財政証明や成績証明書を提出するようありますが、NIHの場合は以下以外の書類を要求されることはないようです。

・パスポート:全員
・ DS-156 :全員
・ DS157 :自分
・DS-158:自分と妻
・DS-2019:全員
・Expack500:全員
・面接予約確認書:全員
• 申請料金の明細書(ATM利用明細):全員

もし上記のことで誤った点などご存知の方がいらっしゃいましたらご指摘よろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

hirotさん、ビザ更新ってそんなに大変なんですね。
知り合いの先生もビザの更新のために、カナダへ一度出国し大使館でビザの再申請をしたと言っていました。何やら絶対開封してはいけない封筒があったらしく、それをいつの間にか駐車場の係員が少し破ったそうで彼は濡れ衣をかけられ大変だったと言ってました(かなりご立腹だったみたいです、かわいそう)。
私はVisiting Fellowの立場でNIHへ行きましたが、2年の滞在中にそのような煩雑な手続きはありませんでした。もう1年延長したらあったのかな?
【2008/01/29 11:37】 URL | nao #- [ 編集]


>naoさん
ビザ更新は、初めに日本で取ったのと同じプロセスを繰り返さないといけないため面倒くさいですね。ちょうどDS2019の有効期限にあわせて大使館がビザを発行するので、二年以上の滞在になると更新の必要が出てきます。
今もカナダに行かれる方も多いみたいです。
今まで日本に帰りたいと思うことはほとんどなかったのですが、渡米後、初めての帰省になるので、少し楽しみな気がします。あれを食べよう、これを食べようと頭の中で思いめぐらせています。
【2008/02/01 06:24】 URL | hirot424 #- [ 編集]


確かNIHはSEVIS 費用を負担してくれたと思います。なので、初回についてもSEVIS 費は払っていないような気がします。
僕も契約変更に付き、昨年末新しい DS form に更新しました。なので、DSはあと二年、ビザはあと一年の有効期限という状態です。

来年僕らもビザ更新なので参考にさせて頂きました!
【2008/02/08 07:35】 URL | @sushi #- [ 編集]


@sushiさん

SEVIS費用は出してくれたのですか?
僕がビザを初めの発行を申し込む際は確かクレジットで支払い手続きをして、プリントした物を面接のときに持って行った気がします。僕も頼めばNIHが払ってくれたのかな?
【2008/02/08 12:55】 URL | hirot424 #- [ 編集]


ビザ申請前に、DS formと共に日本に届いた書類一式の中に、『SEVIS はNIHが負担するから、払わなくて良いよ』という旨の紙が入っていたと思います。で、念のためその紙を持って大使館まで行きましたが、結局それのチェックも無かったですね。DS form にNIHに赴任することが書いてあったからでしょうか。
ビザ申請料金の方は郵便局かどこかで支払い、そのレシートを持って行った気がしますが。
【2008/02/13 06:08】 URL | @sushi #- [ 編集]

ビザ申請について

10月からNIEHS, NIHに留学することになっているkssxです。

そろそろ、NIEHSからDS2019がくるので、ビザの申請の準備をしています。

すごい参考になりました。ありがとうございます。
【2008/07/04 16:34】 URL | kssx #- [ 編集]


kssxさん
初めまして。お役に立てたようで良かったです。渡米に際して何かわからないことがございましたらまたご連絡ください。
書き込んで頂いた場所から推察する限り私と同じ施設から留学されるようですね。
では、よろしくお願い致します。

【2008/07/05 05:10】 URL | hirot424 #- [ 編集]


hirotさん

うれしいお言葉、ありがとうございます。
留学前後に限らず、お言葉に甘えて、お聞きすることがあるお思います。
よろしくお願いします。

【2008/07/15 16:34】 URL | kssx #- [ 編集]

初めまして
初めまして。興味深く拝見させていただきました。
今度我が家もビザの更新があります。
お伺いしたいのですが、残高証明書はJ2もいるのでしょうか。
同じ研究機関に同じ雇用形態で雇われる場合(何も変更がない)は、SEVISは支払わなくていいということでしょうか。
【2009/01/06 17:20】 URL | yui #EBUSheBA [ 編集]

Re: 初めまして
yuiさま

初めまして。残高証明はJ2のビザには必要ないと思います。J1の方でもNIHの場合必須でないかもしれないですが、私は念のためインターネットからダウンロードしたものを持って行きました。
二回目のビザ取得で何も変更が無い場合はSEVISは必要ないと思います。
こちらのアメリカ大使館のページにもそのように書いてあるので大丈夫だと思います。
http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-sevis20040901.html

また何かございましたらご連絡ください。




> 初めまして。興味深く拝見させていただきました。
> 今度我が家もビザの更新があります。
> お伺いしたいのですが、残高証明書はJ2もいるのでしょうか。
> 同じ研究機関に同じ雇用形態で雇われる場合(何も変更がない)は、SEVISは支払わなくていいということでしょうか。
【2009/01/07 02:02】 URL | hirot424 #- [ 編集]


お返事有難うございました。初めてのビザ更新でひやひやしています。
一番怖いのが、帰りの飛行機に間に合うかということですね。
主人はNIHではなく、普通のポスドクなので、恐らく必要書類等がまた異なるとは思いますが、また何かあれば宜しくお願いします。
【2009/01/20 15:30】 URL | yui #EBUSheBA [ 編集]

参考になりました
いつも、参考にさせていただいています。Visaの申請取得の際には一切お金はかかりません。@sushiのように、SEVISを支払わなくても良いという旨の書類をVisiting fellowの方はもらえます。 dis.ors.od.nih.gov/advisories/sevisfeenotice.pdf‎

visaプログラムG-3ですので、申請手数料も必要ないです。
www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-visafeeinfo.asp#jprogramexempt
【2013/12/16 06:57】 URL | Teru #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hirot424.blog96.fc2.com/tb.php/361-b01f706e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター



プロフィール

hirot424

Author:hirot424
日本で内科医、研究者として勤務した後、2006年4月から米国メリーランド州NIHに留学しました。
2009年4月に日本へ帰国し新たな生活を始めています。



ブログ内検索



A

シマンテックストア 楽天トラベル株式会社 楽天トラベル株式会社





FUJICOLORプリントおとどけ便



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



お気に入り



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。