チャット
Essays in Idleness 2 ~ North Bethesda NIH留学紀行 ~ アンドリュース空軍基地の航空ショー
FC2ブログ
Essays in Idleness 2 ~ North Bethesda NIH留学紀行 ~
日本で内科医として臨床と研究に携わった後、2006年4月より米国メリーランド州NIHに留学し、2009年4月に帰国しました。ワシントンDC近郊の日常の備忘録です。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンドリュース空軍基地の航空ショー
念願のアンドリュース空軍基地(Andrews Air Force Base)のOpen HouseにTご夫妻と行ってきました。前述のようにアンドリュース空軍基地は大統領専用機VC-25(エアフォースワン)が配備されているメリーランド州にある基地です。

当日土曜日は天気予報通りに朝から晴天、航空ショーには良すぎるくらいの天気でした。
Fedex Fieldに午前中到着すると既に長い行列ができていて今回のイベントの凄さを感じさせました。
Fedex Field

今回のイベントのためにパーキングが設置されたFedex Fieldはアメリカンフットボール、ワシントンレッドスキンズのホームスタジアムです。

セキュリティチェックを受けるまで1時間ぐらい列に並んでいましたが、その間プロモーションの飛行機により空に飛行機雲でGEICOの文字。さすがアメリカと感心しました。
GEICOの飛行機雲


ようやくそこからシャトルバスに乗ってアンドリュース空軍基地に着きました。
バスを降りると早速頭上にはステルス爆撃機(B2スピリット)が舞っていました。初めてみる真っ黒で薄っぺらい機体はまるでUFOのように不気味でした。
B2

B2


また、広い滑走路のサイドのエリアがイベント会場になっていて様々な軍用機がずらっと並んでいて自由に触れることができました。アメリカ映画でなじみ深い、昔プラモデルで作ったような兵器ばかりで童心に戻ってドキドキワクワクしてしまいました。

C-17輸送機

C-17輸送機

輸送機の中

輸送機の中です。

FA18ホーネット

FA18ホーネット

攻撃ヘリコプターと輸送ヘリコプター

攻撃ヘリと輸送ヘリ

AH-1W スーパーコブラ

AH-1W スーパーコブラ(攻撃ヘリコプター)

コクピット

コブラのコクピット。複雑な計器が多数ありました。

カメラ

一番先頭には機関砲とともにカメラ(暗視野用?)が内蔵されていました。

UH-1

ベトナム戦争映画でお馴染みのUH-1ヘリコプター

Jeep

Jeep

エンジン

エンジンカバーのメリーランド州旗。

F16

コロンビア特別区(DC)空軍州兵第113航空団にはF-16ファイティングファルコンが配備されています。

これらの兵器をじっくり見ていると、Heritage FlightとしてP-51マスタング、 F-15ストライクイーグル, F-4ファントム、そして最新型のF-22ラプターの共演飛行が始まりました。プロペラ機であるP-51が先頭になって、他の最新鋭のジェット機が後ろに隊列を組みながら飛ぶ様はとても愉快で珍しく感動ものでした。

Heritage Flight

Heritage Flight

過去から未来へ。

それが終わるといよいよ本日のメインイベントであるブルーエンジェルスのアクロバットショーが始まりました。
ブルーエンジェルスはアメリカ海軍の所属で、1946年大衆の海軍航空兵力への関心を維持しておく事を目的に設立されたそうです。現在、1986年よりFA-18ホーネットを使用しています。
まず前座としてファットアルバートというニックネームが付いた輸送機、C-130-T ハーキュリーズによる使用補助推進ロケットを用いたJATO(短距離離陸)パフォーマンスがありました。

C-130-T ハーキュリーズ

C-130-T ハーキュリーズ

ハーキュリーズが戻って来ると、次に6機のブルーのFA18にパイロットが同時に乗り込み
いよいよテイクオフ。

ブルーエンジェルス

ブルーエンジェルス


もうしょっぱなからパフォーマンスは全開で、手にあせ握る興奮、ため息や感心の連続ばかりで、空を見続けていたため首が痛くなりました。4機が数メートル?という距離を保ちながら飛んだり、正面からぶつかり合うようにギリギリのところでクロスしたり、同じ動きを近距離で一斉にしたりなどまさにパイロット同士がシンクロ、以心伝心という感じで、これこそプロフェッショナルという演技でした。
密集ダイアモンド編隊

密集ダイアモンド編隊

密集ダイアモンド編隊。

ブルーエンジェルス


ブルーエンジェルス

中の2機は逆さま。

ブルーエンジェルス


百合の花

ユリの花のような形に。

無事に帰還

無事に戻って来てほっとしました。

VC137

最後は、レーガン大統領まで使用していた以前の大統領専用機VC137(ボーイング707を改造)と一緒に、大統領気分で記念撮影しました。


今回の航空ショーは期待を裏切らない(しかも無料で)かなり満足度の高いイベントでした。今回のショーを体験し、アメリカには絶対に力の勝負を挑むべきでないとつくづく実感しました。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hirot424.blog96.fc2.com/tb.php/407-604604e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター



プロフィール

hirot424

Author:hirot424
日本で内科医、研究者として勤務した後、2006年4月から米国メリーランド州NIHに留学しました。
2009年4月に日本へ帰国し新たな生活を始めています。



ブログ内検索



A

シマンテックストア 楽天トラベル株式会社 楽天トラベル株式会社





FUJICOLORプリントおとどけ便



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



お気に入り



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。